幼稚園と保育園・認定こども園の違いは?

子どもができたらまず気になるのは、「どこに預けるのがいいのか?」かと思います。いつから保育園に預けられるのか?保育園と幼稚園の違いは?共働きでも幼稚園に預けられるのか?「認定こども園」とは?そういった疑問についてまとめました。

保育園・幼稚園・認定こども園の違いは?

保育園・幼稚園・認定こども園の特徴・違いをまとめると以下にようになります。

保育園幼稚園認定こども園
特徴就労などのため、家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を行う学校幼稚園と保育所の機能や特長を併せ持ち、地域の子育て支援も行う施設
対象年齢0~2歳(3号認定)/3~5歳(2号認定)3~5歳(1号認定)0~2歳(3号認定)/3~5歳(1or2号認定)
保育(教育)時間7時半~18時頃
保育時間:1日8時間
9時~14時頃
教育週数:39週以上
教育時間:1日4時間
教育週数:39週以上
教育時間:1日4時間
保育時間:1日8時間
開園日暦通り夏休みなど長期休暇あり1号認定の場合夏休みなど長期休暇あり
保育料保護者の所得に応じて、自治体が設定一律料金
公立:自治体が設定
私立:設置者が設定
利用時間をふまえ、設置者が決定
管轄厚生労働省文部科学省内閣府(厚生労働省・文部科学省)
根拠法令児童福祉法学校教育法就学前の子どもに関する教育、保育等 の総合的な提供の推進に関する法律
職員保育士(最低2人)・嘱託医・調理師園長・教頭・教諭を必置学級ごとに担当する専任の「主幹保育教諭」「指導保育教諭または保育教諭」を1人以上/調理員

違いを比較してみるとわかるように、

  • 保育園:食事・睡眠などの必要な保育を提供する施設。「教育」は必須とされていない。
  • 幼稚園:小学校就学前の教育機関。「保育」は必須とされていない。
  • 認定こども園:保育園と幼稚園の要素を併せ持った施設

ということになります。

例えば両親ともにフルタイムで0~2歳の間に職場復帰する場合、2歳までは保育園or認定こども園に預けるしかありませんが、3歳以降は、保育メインの「保育園」にするか、教育メインの「幼稚園」にするか、「認定こども園」にするか、選ぶことが可能です。

保育園のメリットとデメリット

保育園のメリットとしては、

  • 0歳の乳児期から預けることができる
  • 1日8時間預けることができる
  • 夏休みや春休みがないので、お盆期間なども預けることができる

などが挙げられます。昼間の食事・睡眠・散歩・遊びなどを保育園でやってくれるので、特にフルタイムで共働きの世帯は保育園に預けることが必要になる場合が多いかと思います。

逆にデメリットとしては、

  • 保育料が世帯収入(住民税の所得割額)で変わる
  • 「教育」部分は園によって方針や実施内容がバラバラ

などが挙げられます。英語や体操などを、外部講師を呼んで積極的に実施している園もあれば、特に実施していない園などもあるので、「学び」の部分を重要視して保育園を選ぶのであれば園見学に行って確認してみる必要があります。

幼稚園のメリットとデメリット

幼稚園のメリットとしては、

  • 文部科学省によって教育過程が決められているので教育面が充実している
  • 小学校接続が前提なので、じっと座るなどができるようになる

などが挙げられます。教育機関なので、ひらがな・英語・体操など教育をしっかり受けられることが幼稚園の良さです。また、保育園はのびのびと生活させるところが多いですが、幼稚園では生活リズムが整ったり、きちんと集団生活をする力を身に着けることができます。

逆にデメリットとしては

  • 保育時間が短く、園の長期休暇がある
  • 保護者参加のイベントなど、園に行く機会が多い

などが挙げられます。最近では預かり保育を実施している幼稚園も増えていますが、基本教育時間が14時頃までのところが多いため、共働き世帯だと預かり保育を利用するしかない場合もあります。また、保育園と比較すると園でのイベントや家庭で用意するものが多いため、負担となることがあるかもしれません。

認定こども園のメリットとデメリット

認定こども園は保育園と幼稚園の要素を併せ持っているので、両方の良さを取れるのが良いところです。ただ、認定こども園自体の数がまだ多くないので、なかなか選択がしづらいのも現状かと思います。

また、認定こども園は区分が4つに分かれています。

幼保連携型(2号認定)幼稚園的機能と保育所的機能の両方の機能を併せ持った単一の施設
幼稚園型(1号認定)認可幼稚園が、保育が必要な子どものための保育時間を確保するなど、保育所的な機能を備える
保育所型(2号認定)認可保育所が、保育が必要な子ども以外の子供も受け入れるなど、幼稚園的な機能を備える
地方裁量型幼稚園・保育所いずれの認可もない地域の教育・保育施設が認定こども園となる

幼稚園型・保育所型は機能を追加して認定こども園としているため、教育の特色は幼稚園・保育所それぞれに寄っている傾向にあるようです。

まとめ

両親共働きの場合など、0~2歳の間は保育園に預けることになります。

3歳以降は、保育園は「教育」が必須ではなく、幼稚園は「保育」が必須でないので、両親の働き方・生活スタイルや、子供になにを受けさせたいかによって選択肢が変わってきます。

保育園と幼稚園の両方の機能を併せ持った「認定こども園」も少しずつ増えてきているので、色々な選択肢の中からご自身の家庭に合った施設を選べるとよいですね。

この記事を書いた人

しかちゃん

0歳の娘を持つ30代です。
フルタイムワークしながら、保育園情報・プレママさんへのお役立ち情報などをまとめています。
日本酒・ビール・猫が好きです。